english russian italian
トップ 使い方特長&スペック誕生秘話店舗&ご注文メディア情報会社情報よくある質問
よくある質問

Q.1 カブキグラスを使用する際の注意点は??

<警告> 絶対に太陽や明るい照明を見ないでください。危険です。
<警告> 運転中や運動中や歩行中にカブキグラスを使用しないでください。危険です。

Q.2 メガネを掛けている人や視力の悪い人は、カブキグラスを使えますか?

メガネを掛けている人は、メガネを外して、カブキグラスを掛けて下さい!
極度の近視の方・極度の乱視の方・眼に疾患がある方は、うまく見えない場合がございます。
*使用可能目安:視力0.2以上(=コンタクトレンズ使用の場合、装着時の矯正視力が0.2以上)
*遠視や老眼の場合は、ほとんど問題ありません。
*個人差がございますので、必ず取扱店舗(→取扱店一覧)で、カブキグラスをお試し下さい!

Q.3 「自然にピントが合う」とは、どの距離のピントが合うのですか?

10メートル先以上の離れている対象物であれば、月など、どこを見ても自然にピントが合います。
近くの距離(10メートル未満)はピントが合いません。室内でのテレビ観賞等には使えません。

Q.4 鼻の低い人や、顔の大きい人でも使えますか?

カブキグラスのフレーム部分に着いている大きな鼻パッドを前後左右に動かすことで、位置調整ができます。また、カブキグラスには、眼幅調整機能(中央部のダイヤルを回して左右のレンズの幅を狭くしたり、広くしたりして、個人差のある眼の幅の距離を調整)が備わってます。眼の幅が55m〜72mmまで対応しており、ほとんどの人に対応しています。またフレームも、柔軟な素材を使用しておりますので、ある程度の顔の大きい人でも使用することができます。相撲部出身で100kgを超える方でも実験済です!
(注)掛けられるかどうか、不安のある方は、必ず取扱店舗(→店舗一覧)で、カブキグラスをお試しください!

Q.5 どのくらいの時間、カブキグラスを掛けられますか?

快適に掛けられるように軽量化(全体で92g、双眼鏡部分76g)をして、更にフレームや鼻パッドの構造にも工夫をしてあります。快適さには個人差があり、長い間装着していても全く負担を感じない人もいます。もし、目元への負担や眼に疲れを感じた場合は、カブキグラスを外して下さい。どうしても鼻に重さやストレスを感じる方は、フレーム部分を手で添えることで、鼻への荷重を軽減することができます。

Q.6 カブキグラスの「4倍率」とは、どういう意味ですか?

「4倍率」とは、「見たいモノまでの距離が4分の1に縮まる」というイメージです。例えば、40m先から舞台を見ていたら、カブキグラスを掛けることで、あたかも舞台から10mの距離から見ているようになり、まさに「あなたの席をアップグレード」された感覚になります。双眼鏡の場合、倍率を上げれば、「ブレが大きくなる」「視界が濁る」「レンズやプリズムが重くなる」「眼が疲れやすくなる」等の弊害も出てきます。なるべく長時間、安定した視界で綺麗に見える、これが観劇回数200回を超えるカブキグラスの開発者が求めた理想の4倍率です。
(注)モノが4倍の大きさに見えることではありません。

Q.7 どうして見たいところにピントが自然に合うのですか?

特殊な設計とレンズの配置をすることにより、眼が本来備えているピント調整能力を活かせるようにしています。例えば、ガラス越しでモノを見た場合、人間の眼でピントを合わせることができますよね。それと同じ原理です。カブキグラスの場合は、10m未満の対象物にはピントは合いません。しかし、10m以上〜無限大であれば、見たいところに焦点が合います。
(注)極度の近視、遠視、乱視、老眼の方には、うまく見えない場合がございます。Q.2を参照してください。

Q.8 なぜ、そんなに明るく、クリアに見えるのですか??

カブキグラスは「超本格的な双眼鏡を超小型化」したイメージの製品で、レンズとプリズムは全て光学ガラスを使用し、コーティングしています。最高級の明るさと解像度は、ニッポンの匠の成せる技で、人気の野鳥誌「BIRDER」でも大絶賛されました!劇場好きの開発者がこだわった「裸眼で見てるように綺麗に見える」「席がアップグレードされた感覚を味わえる」がここに具現化されてます。

Q.9 カブキグラスは、子供に使わせても良いですか?

高校生以上であれば、問題ありません。中学生以下の場合、首の力が備わっていない場合や、小顔過ぎる場合がございますので、使用に適しません。また、お子様のそばに、カブキグラスを置かないでください。落としたり、壊した場合は、1年無償保証の対象外となります。

Q.10 カブキグラスは、どこで試せますか?

取扱店舗(→取扱店舗情報一覧)で、カブキグラスをお試しください!

Q.11 どんなシーンで使えますか?スポーツ観戦にも使えますか?

劇場、コンサート、スポーツ観戦、旅行、散歩、月見、星空観察、お子様の運動会&稽古の発表会等で、是非、お使い下さい!是非、席がアップグレードされた感覚でお楽しみください。

Q.12 「カブキグラス」の名前の由来は?

一般的に劇場で使う低倍率の双眼鏡を「オペラグラス」と言います。しかし、なぜ「バレエグラス」や「ミュージカルグラス」「歌劇グラス」と呼ばないのでしょう?そんな疑問から、命名はスタートしました。全てのパーツが日本製でピュアMade in Japanであり、かつ、最高レベルのモノです。「日本発の世界向け商品にしたい」との思いから、「カブキグラス」と命名しました。

Q.13 デザインへのこだわりがあれば教えて下さい!

フレーム部分は、歌舞伎の「隈取り」をイメージしたデザインにしています。また双眼鏡部分の左右の筒をつなぐブリッジは、甲(カブト)をイメージしています。色に関しては、京都のお寺を何回も見に行き、ニッポンらしい高級感を出すためのヒントを得ました。例えば、目当て部分の色もブラックに見えて、実はコゲ茶色とブラックの中間のような色にしています!カブキグラスの見心地や性能の良さだけでなく、「実際に使うシーンを想定して、スタイリッシュに仕上げたい」、これも開発者のこだわりの1つです。



PAGE TOP


Copyright サンテプラス株式会社 SANTEPLUS, Inc.(Tokyo, Japan)
"SANTEPLUS" , "KabukiGlasses" , and the logo of "KabukiGlasses" are the registered trademark of SANTEPLUS, Inc.
Patent & Design Patent internationally pending.